庭園 300年の歴史

5つの茶室
書院 桐庵 夕佳亭 翠濤庵 同仁斎 松月亭
書院
このあたり一帯が清水谷(しみずだに)の地名であったため、清水谷御殿、清水谷御座敷、または清水谷とよばれていた「清水園」。 新発田藩が、曹洞宗高徳寺を五十公野上新保(新発田市)に移し、跡地に下屋敷をつくるための整地をしたのは寛文元年(1661)。棟上げが行われたのは同年6年4月。記録による「清水谷御座敷普請」の完了は元禄6年(1693)11月2日。棟上げから完成まで、じつに27年もの歳月を費やしたことになります。

明暦3年(1657)の江戸大火による上屋敷類焼、寛文8年(1668)には新発田城全焼、追い打ちをかけるように翌9年の新発田城の石垣が崩壊する大地震。これらの再建復旧工事のため、工事が中断されたためと考えられています。

園内に入り最初にくぐる萱葺の大門は、藩家老や藩知政庁に構えていたもの。そのさきの中門は、江戸初期の茶匠、千宗旦の高弟・藤村庸軒が京の黒谷、淀看の席の入口に建てた門を新発田に運んだものとされています。

大門と中門を結び、新発田川に平行して園の南端まで小砂利の道がのびています。かつては百間(180m)馬場とよばれ、ここで馬術や弓術の演練が行われました。

中門の手前、右手にある寄棟造平屋(80坪)の屋根は、古くは柿茸でしたが、のちに桟瓦葺、現在は鉄板葺となっています。 京間座敷(幅2間・奥行4間半)を中心に、奥には2畳敷の上段の間と1間の床、庭に面した南側は縁側で開放され、庭とあいまって心憎いばかりの景観の調和を見せます。 この座敷から鍵の手に北へ続く次の間(15畳)に、2間床を設けてあるのは江戸初期の慣例といわれます。床には春慶塗がほどこされ、床下に甕(かめ)を伏せたらしき跡があることから、この部屋は能舞台に用いられたと考えられています。

また、古い記録によれば、書院の腰高障子は、寛文8年の城内全焼の火災の際、搬出して焼失を免れた城中大書院腰高障子を、当時の藩主重雄は「古きを残さんと思し召して清水谷へ御用い給い」と残したものです。 きわめて簡素な意匠で、幕府に対する政治的配慮がされた、江戸初期の下屋敷の面影を偲ぶことができます。
■昭和29年11月20日、県有形文化財指定
■平成15年8月27日、旧新発田藩下屋敷(清水谷御殿)庭園および五十公野御茶屋庭園として国名勝指定

殿様宗匠
城下町新発田は茶の湯が盛んです。その主流を占めているのが、石州流怡渓派流祖を名のるなどの歴代藩主。 石州流の開祖は、徳川4代将軍家綱の茶道師範役でもあった片桐石見守貞昌(石州)ですが、この宗匠・石州の高弟怡渓宗悦(石州流怡渓派)に茶の湯を学んだのが重雄であり、5代重元も父重雄に茶事を習いました。 とりわけ10代直諒は、藩の江戸末期の茶匠阿部休巴に茶道を習い、奥義を極めるにいたるほどでした。休巴の師・藤重藤厳は、怡渓宗悦の流れを汲む3代伊佐幸琢の弟子であることから、直諒は石州流越後怡渓派を樹立、宗匠となりました。

殿様宗匠の誕生は、家臣をはじめ町人にも大きな影響を与え、以後、新発田には、藩茶道の伝統が受け継がれていきました。

「清水園」の池のまわりには、「桐庵」「夕佳亭」「翠濤庵」「同仁斎」「松月亭」それぞれ趣の異なる茶室が配されています。これは荒廃した庭園の修復工事と併せて、茶人田中泰阿弥が清水谷御殿絵巻物や古記録にもとづき、昭和20年代に築造したものです。

清水谷の古地名は、加治川の伏流水が推積層を通して、一帯に湧き出ていたからかもしれません。近年まで園内の井戸水は、酒造りに用いられていました。藩主などがここの名水で、茶の湯を楽しんだことは、おおいにうなづけることです。

紅葉 障子 石畳 水場
清水園には、三つのつくばいがある。写真は、翠濤庵近くのつくばいであるが、同仁斎前にも、書院の脇に配し、いっそうの趣を揃えている。

※注)
茶室は外から観ることができますが、内部は通常公開しておりません。
一般公開の前にはブログでお知らせいたします。詳しくはお電話0254-22-2659でお問い合せください。

殿様宗匠  
桐庵
畳廊下の突き当たりに荷物台を設けた寄り付きの間が「桐庵」。8畳の座敷には、本勝手1畳隅炉が切られ、広い水屋もあり、正式の茶事ができます。清水谷絵巻物には、この位置に小さな建物が画かれているため、弓を練習する際の憩いの場だったようです。
上に戻る
桐庵

桐庵  
夕佳亭
この場所には、かつて、杉皮屋根の四阿(ちん)「浮御堂」が、池にのり出して建てられていました。同じ場所に2面を腰掛けとする1帖台目向切で、洞庫をそなえた茶席をもうけたものが「夕佳亭」です。壁を半円窓に開け放すなど、裏千家家元に現存する「今日庵」が、お手本にされています。
床柱が南天の曲木で有名な金閣寺の茶室は、夕佳亭(せっかてい)と呼ぶ。清水園の茶室は夕佳亭(ゆうかてい)と呼んでいる。また、銀閣寺のなかにある四畳半の間を将軍義政が同仁斎と名づけた。
夕佳亭と同仁斎が京と越後に存在する。これは、茶匠泰阿弥の大いなる夢が、京より越後に移された証左でもある。
上に戻る
夕佳亭

夕佳亭  
翠濤庵
小堀遠州が考え出した、京都大徳寺龍光院での密庵(みったん)の席。それが4畳半台目のおこりといわれます。「翠濤庵」の西側小窓や造りつけの袋棚の平面構造は、台目勝手出炉の密庵と同じです。切妻屋根の庇(ひさし)には突揚げ窓。また、新発田藩下屋敷の往時を偶ぶよすがとして、2段造りの刀掛けの原形が残されています。「翠濤」の名は10代藩主直諒の茶人の号。
上に戻る
翠濤庵

同仁斎
池に面して広く開けた12畳の座敷は、8畳の間に炉が本勝手に切られ、その先には無目の敷居が置かれ、4畳の畳が敷き込まれています。これは単なる12畳の座敷ではなく、古式の上段付書院形式を略したもの。本来は、敷居の位置に1段高い塗縁の框(かまち)をもって8畳の間と上段の間が完全に分けられる、上段の間、対面の間の変形。一枚板の床板、皮つき葦を櫛型に結んだ無目敷居の上の欄間、黒木を使った土縁の庇の桁や柱など、簡素な風合いとなっています。
上に戻る
同仁斎

松月亭
同仁斎の宝形造りの屋根の東北の隅から、小さな入母屋造りでとび出しているのが「松月亭」。平安時代の寝殿造りに見られる泉殿を偲んでつくられた、2畳台目の本勝手向切の茶席です。床は、踏み込み板で奥行はないものの、隣接する附書院の横板を縦模様にえぐり抜き、障子を掛けて洞床とした造りなどは、ほかに類を見ない趣向です。ひじかけ窓の正面にのぼる月の光が、池面に影をやどす眺めは、いっそうの風情があります。
上に戻る
松月亭