冬期休館しておりました新潟分館(中央区南浜通)は3月1日より開館がはじまりました。建物は豪農「伊藤家」の別宅として取得された明治の建築で、さらに昭和初期の建築の洋館は新潟を代表する書家・歌人・文学者である會津八一の晩年の住まいとして知られています。3/1~3/31の間は分家である「南浜伊藤家」のお雛様も飾られます。今年も皆様のご来館をお待ちしております。
開 館 毎年3月~12月 9:30~16:30(4月より~17:00)
休館日 毎週月曜(祝日の場合は開館し翌日休館/年末と1月2月は冬期休館)
入館料 大人450円 小人200円 ※小中学生は日曜・祝日は入館無料
電 話 025-222-2262
◆展示のご案内◆(予告)
=新潟市中央区みなとまち文化推進事業=
新潟市無形文化財〈市山流〉と新潟古町花街
展示5:市山流の浴衣会などの公演写真を展示 3/17(土)~31(土)
(写真:新潟大学地域映像アーカイブ研究センター)
みなとまち新潟に残る貴重な伝統文化「古町花街」について、古町花街にほど近い西大畑・旭町かいわいの文化施設で連携展示を行います。
昨年発行された冊子「古町花街の今」の増補・改訂版の無料配布や連携施設をめぐるスタンプラリーなどもあります。

詳細は新潟市中央区HPにて「中央区みなとまち文化推進事業」をぜひご覧下さい。
http://www.city.niigata.lg.jp/chuo/event/bunka/minatomachi.html

 

 

このページのトップへこのページのトップへ