トップページ歴史施設紹介所蔵品写真館食事・売店分館アクセス

宝暦六年(1756年)江戸中期。天領越後沢海の地に、一町二反九畝二十九歩(約13,000平米)の畑を与えられて一人の百姓が分家しました。一人の百姓は、代を重ね、やがて豪商から千町歩(1,000ha)以上の土地を持つ新潟県下一の大地主へと歩んでゆきます。


江戸中期の宝暦6年(1756年)の正月。初代文吉は20歳で一町二反九畝二十九歩(約13,000平米)の畑を与えられ一人の百姓として分家しました。移り住んだ家は六畳二間と二坪の台所がついた土間のある家でした。初代文吉は分家して間もなく往来の向い側の紺屋の娘、きよを嫁とし、百姓のかたわらできよの実家の関係から藍の商売を営むようになりました。その後、息子安次郎が生まれ、若い夫婦はお金が貯まると畑を買い足し、商売も繁盛するようになり、やがて家を建て替えて蔵を造り、徐々に豊かになっていきました。
時は移って享和元年(1801年)。文吉・きよは他界し、安次郎は35歳で二代目文吉の名を継ぎ、商売は藍の他に雑穀を扱い、更に質屋、ま穀取(現在の倉庫業)と、次第に大きくなって、百姓をやめ「いはの家」という屋号を名のりました。
二度目の妻の先夫の子、為次郎を養子とし、父子はやがて知行所一番の財力のある豪商としての道を歩み始めます。
やがて、小浜の御用達となり、天保8年(1837年)には名字帯刀を許され、二代文吉からは「伊藤文吉」の名を名のるようになり、100坪(330平米)を超える沢海一の居宅を構えるようになりました。



伊藤家の土台を築きあげたとも言える三代文吉(幼名:為次郎)の後、家督を継いだのは五代文吉でした。四代文吉を継ぐはずの佐六が44歳の若さで他界したため、三代文吉の孫にあたる要之介が16歳で五代文吉を名のることになりました。
やがて、混乱の江戸末期を経て、時代は明治へと移りかわってゆくことになります。
五代文吉は、嫁キイとの間に、謙次郎をはじめ子宝に恵まれましたが、幕藩体制の崩壊から天朝の御一新への移り変わりを見届けた五代文吉は「この乱世に努力と才覚をもって所有地を広げてみたい」と密かに決意したのでありました。
明治7〜8年(1874〜75年)に既に伊藤家は29ヶ村に122町歩余(122ha)を所有していましたが、算盤と勤勉によって豪商の城を築こうとする五代文吉は明治10年(1877年)を過ぎる頃から広い屋敷を確保することを考え始めました。
邸には土地五千数百坪(約18,000平米)が用意され、いよいよ工事が始まったのは明治15年(1882年)からのことでありました。
人が八方に散り、材木とみかげ石の買い付けのために、会津・山形、遠くは秋田まで足を伸ばし、買い付けた資材は、阿賀野川をいかだと船で運搬し、新潟方面からも信濃川、阿賀野川、小阿賀野川からおびただしい量の材料が運搬されました。
現在、茶の間の廊下の上にある16間半(30m)の一本通しの杉の丸桁は、会津から雪溶けで水量の増した阿賀野川を利用して運ばれてきたものです。
現在のように機械力の無い当時のこと、工事が完了したのは8年後の明治22年(1889年)の暮れのことでありました。

大正7年(1918年)5月の五代文吉の妻キイの古希の年のお祝いの写真。13歳で嫁いだキイは10人余の子女に恵まれた。





屋敷新築の目鼻がついた明治23年(1890年)、五代文吉は、謙次郎の嫁とりに力を注ぎます。将来の伊藤の家にふさわしい家柄の娘を探し、新潟県全域にわたり56の家を調査しますが、この志なかばに五代文吉は明治24年(1891年)2月29日に逝去し、翌年の明治25年(1892年)1月8日、謙次郎が家督を相続し六代文吉となります。
明治25年(1892年)5月23日の大安吉日に、六代文吉は上越の旧家であり名門である村山家から真砂を嫁に迎えます。真砂は柏崎地方の盆踊りのはやしに歌われるほどの才媛で、その披露宴は3日3晩盛大に続けられたといわれています。(※)
後の明治28年(1895年)。若夫婦は2名のお供を従えて京都、奈良、伊勢へと70日間に及ぶ優雅な新婚旅行へ旅立ちます。
次々と取得した伊藤家の土地は、明治24年(1891年)には636.8町歩(637ha)、明治34年(1901年)には1,063町歩(1,063ha)となり、新発田の清水谷下屋敷(現在の「清水園」)も明治25年(1892年)には全て伊藤家のものとなりました。
(※)披露宴の献立表が館内茶の間に飾られています。


六代文吉がわずか33歳の若さで急逝し、明治36年(1903年)7月6日に次男淳夫が七代文吉となります。しかし伊藤家はゆるぐことなく大地主の道を歩み、明治41年(1908年)には所有地が1,384.7町歩(1,385ha)となります。
明治から大正に移る頃、所有地が広大になるに従って、3人であった番頭は5〜6人、やがて7〜8人となります。奥には家族直属の奥女中、子供一人一人に乳母もおり、その他の女中・作男・門番などの使用人を含めると約60人が伊藤家で暮らしていたことになります。
大正7年(1918年)に慶応大学を卒業した七代文吉は、アメリカのペンシルバニア大学に留学して大正14年(1925年)に帰国し、この年に京橋の米沢家の娘竹子と結婚します。昭和2年(1927年)には、八代文吉となる吉彦が誕生します。
このように伊藤家の県下一の大地主としての日々が続きますが、昭和6年(1931年)に満州事変が勃発、やがて太平洋戦争へと時代は移ってゆきます。
昭和20年(1945年)8月終戦。その後、七代文吉は、伊藤の館を博物館にする決意を固めることになります。


昭和20年(1945年)8月の終戦直後、伊藤邸土蔵内に旧日本軍の隠匿物資があるという情報で、進駐軍のライト中尉が調査に来ました。調査で会話を交わすうちに、偶然にも七代文吉がライト中尉のペンシルバニア大学の先輩であることがわかり、それ以後、ライト中尉は伊藤家(北方文化博物館)に絶大な支援を与えてくれることになります。ライト中尉は北方文化博物館草分け期の素晴らしい後援者となりました。この後の昭和28年(1953年)には作庭に着手し昭和33年(1958年)に完成、伊藤家の屋敷は徐々に博物館としての完成度を高めてゆきました。
現在、伊藤家は八代目。宝暦(1751〜63年)の時代から平成に至る250年余の歴史をもつ伊藤家の遺構に、今日も全国から多くの人々が訪れています。

館内に掲げられている扁額「君子居中庸」「倹以養徳」は伊藤家当主の理念、家風を表し、また伊藤家の小作人に対する心遣いが感じられる「田地買うなら精々悪田を選び、悪田を美田にして小作に返すべし」という家訓は現在も息づいています。

| トップ  | 歴史  | 施設紹介  | 所蔵品  | 写真館  | 食事・売店  | 分館  | アクセス  |



(一財)北方文化博物館
〒950-0205 新潟市江南区沢海2丁目15-25
TEL.025-385-2001/FAX025-385-3929

Copyright(C)2001,Northern Culture Museum. All right reserved.
お問い合わせmail:ncm2006@vanilla.ocn.ne.jp